前へ
次へ

投資用マンションのメリットをご紹介

投資用マンションは金融と比べると、低いリスクで安定した収入を得ることができます。定年後の退職金の一部でマンションを購入したり、なかには自己資金なしで購入できるケースもあり、少ない金額でマンション経営を始めることができます。マンション経営の基本的な収入は、賃貸料です。立地条件や地域によって、価格設定や人気の度合いは変わりますが、よほどのことがない限りは入居者は確保できます。そのため、高い確率で収入の確保が見込めます。また、マンション経営のメリットとして、インフレに強いという面があります。マンションを購入した後にインフレが進み物価が上がったあとにマンションを売ることになれば、購入したときに1000万円だった価値が1500万円に跳ね上がることがあります。

Page Top