前へ
次へ

長期の運用を成功させるために

ワンルームの投資用マンションを購入する際は、長期運用を見越してなるべく新築から10年以内の分譲物件を選ぶようにしましょう。30年でローンを終了したとして、その後の30年間は老後などの安定した収入を得たいと考えている方も多いのではないでしょうか。ワンルームマンションの耐用年数はおよそ60年と言われています。メンテンスによりその後も10年から20年程度は価値を保つ事は可能です。正にこれだけの長期間にわたり運用することを考えた場合、購入時点においては少なくとも10年程度までの物件を選ぶようにするのが良いでしょう。細かいことですが、マンションの外壁は煉瓦タイル張りの外壁が好ましいです。この外壁は、水や排ガスなどに強くコンクリートの浸食を防ぐ効果があるとされているからです。

Page Top