前へ
次へ

投資用マンションの仕事

今日、投資用マンションの需要は年々高まってきています。この投資用マンションの仕事について説明しますと

more

不動産業者が勧める投資用マンションとは

投資用マンションとは一般的にマンション自体のオーナーになり、その物件を賃貸する投資方法です。その賃貸

more

不動産投資向けローンについて

資産運用の方法はいくつかありますが、その中でも最近注目を集めているのは、投資用マンションです。お金を

more

投資用マンションの注意点

現在は世に言う資産運用ブームであると思います。資産運用の一つの手段として投資用マンションの購入を考えておられる人も多いのではないでしょうか。物件を選ぶ際の注意点を考えたいと思います。安定的な家賃収入を考えられている方々にとって、最も注意しなければならないことは、物件のスラム化ではないでしょうか。家賃がきちんと納められているか、空室が長期間続いていないか、公共施設の管理は行き届いているか、というポイントに着目することが肝要だと思います。マンション一棟買いの購入の場合も一室購入の場合も一緒なのですが、管理組合がしっかり機能しているかが見極めるポイントの成ります。立地地域の将来性も十分調査が必要ですが、まずは物件のスラム化が起こらないような態勢が敷かれているかチェックすることが大切だと思います。

注文住宅 山梨
お客様の究極のわがままハウスを叶えます

https://5tsubox.co.jp/
株式会社5tsuBoxはお客様ごとに異なる好みを明確にしてドンピシャなコーディネートにしていくことができます。

どのようなお部屋にしたいのか茨城のリフォーム会社にお話ください
お客様のご要望を叶えられるように施工させていただきます

建築基準の変更による供給不足

建築基準の変更に伴い、都心を中心に分譲投資用マンションの供給が追い付かない状況になっています。投資用マンションと言えばすぐワンルームマンションを思い浮かべることができますが、都内で人気の単身者向けワンルームマンションの場合では、最低限の床面積の確保が義務付けられることになりました。加えて、部屋数に応じて敷地内に駐車場の設置を義務付けられることになり、土地所有者やデベロッパーなどが享受するリターンが減少するため、ワンルームマンションの建設に二の足を踏むケースが多くなってきています。このような要因から新築物件の供給が抑制され、中古の物件や築年数の経過した物件まで、いまだ価格が高値で維持されている状況が続いています。

Page Top